AGA治療薬はお悩み宅急便で買うべし!

薄毛治療薬をネットで買う

お悩み宅急便ではAGA治療薬(薄毛)も取り扱っています。
薄毛治療薬といえば、「とにかく価格が高い!」と感じる人もいるのではないでしょうか。
しかしネットで購入してしまえば、リーズナブルで簡単にゲットできてしまうのです!

病院へ行くのがイヤだな
薄毛で来ましたなんて言えない
高い治療費をかけてまで治す経済力がない

このような悩みで薄毛改善を諦めるのはまだ早い!
お悩み宅急便の薬で節約しながら長期治療を始めてみましょう。

プロペシアのジェネリックをチェックしよう

AGAの治療薬といえば プロペシア ですよね。
日本の病院やクリニックでも、AGAにはまずプロペシアが処方されるほど有名な医薬品なのです。
しかし処方価格がかなり高く、治療をするのに悪戦苦闘している方もいるのではないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのが、 フィンペシアやフィナックス、エフペシアといったプロペシアのジェネリック なのです。
プロペシアと同じ成分が配合されているため、効果はまったく一緒にも関わらず安価な価格設定となっています。

フィンペシア

フィンペシアはシプラ社が製造している薬。
30錠入りで1,340円とかなり安価な価格で販売されています。
薄毛改善率は9割を超えており、先発薬であるプロペシアと同じ有効性が認められているものでもあるのです。

30錠 100錠 200錠 300錠
フィンペシア 1,340円 4,240円 7,990円 10,790円

エフぺシア

フィンペシアの次に人気を集めている薬といえばエフペシアです。
薄毛と脱毛を予防するエフペシアは、100錠から300錠まで選択できるので長期的に服用することが決まっている人にオススメ。

100錠 200錠 300錠
エフペシア 4,940円 8,900円 11,870円

フィナックス

フィナックスは、日本の3年間にもわたる臨床試験で約8割の方が改善を実感したという結果がでている薬です。
半年以内に効果が現れ始めるといわれています。

30錠 90錠 150錠
フィナックス 1,570円 4,490円 7,100円

購入しやすい価格と用量でAGAユーザーから大変人気のある薬でもあります。

プロペシアよりも強力?ザガーロジェネリック

プロペシアよりも強い効果を持っている治療薬といえば、ザガーロ
しかしプロペシアと同様に、まだまだ価格設定が高いのが現状です。
そんな時に役立つのが、ザガーロジェネリック!
お悩み宅急便ならザガーロのジェネリックも取り扱っています。
プロペシア、 プロペシアのジェネリックでは効果を実感できなかった人はザガーロジェネリックに挑戦 してみましょう。

デュタボルブ

デュタボルブは日本で認可がおりたばかりの有効成分、デュタステリドを配合しています。
抜け毛をストップさせ、AGAの進行を抑えてくれるのです。

30錠 60錠 90錠
デュタボルブ 3,140円 5,660円 7,550円

デュタストロン

製造に日本人が携わっているのがデュタストロンです。
そのため薬のパッケージも日本語で記載されているので、馴染みやすく安心して服用できます。
ロット展開が豊富で30錠から360錠まであります。

30錠 60錠 90錠 180錠 360錠
デュタストロン 2,690円 5,090円 7,190円 13,490円 25,190円

ベルトリド

ベルトリドは、インタスファーマ社から販売されている薬です。
頭全体を治療できるのがベルトリドといわれており、プロペシアでは実現できなかったことを成し遂げてくれる可能性があります。

100錠 200錠 300錠
ベルトリド 8,990円 16,190円 21,590円

ユーザーの声を聞いてみよう

お悩み宅急便で実際にAGA治療薬を服用した人の声をチェックしてみましょう。

<フィンペシアを飲んだ人の体験談>
飲み続けないとハゲは進行していくっていうことを知ってからは、病院ではなく通販を利用しています。
半ば半信半疑でしたが半年以上飲んだ結果、抜け毛が少なくなってきて産毛が増えてきたような気がしています!

<デュタボルブを飲んだ人の体験談>
フィンペシアを飲んでも効果が出ず、ザガーロのジェネリックにトライすることにしました。
生え際や頭頂部の抜け毛に悩んでいたので、デュタボルブには助けられてもらってます。
思い切って挑戦してみて良かったです!

AGA治療薬は保険が効かない?

薄毛を治療する時、日本の医療機関では保険が適用されません。

その理由は

そもそも健康保険はケガや病気といった時に適用される
AGA(薄毛)問題は発症していたとしても命に関わることではない
AGA治療は美容目的と判断されるため保険適用外

といった点があるからです。

医療機関で適用される保険は、命に関わる問題や持病、ケガといったケースのみに適用されます。
そのためAGA治療は自由診療になってしまうのです。